2017年1月27日 (金)

ハンドワイアリングのランドグラフDOD 自作その2

1485470720433.jpg
ランドグラフDOD の定数で、ハンドワイアリングしたオーバードライブ。

100円ショップの転写シールも適当にはりつけ、革のハギレでコラージュ。

なんか、高級なんか、安物なんか、よくわからんし、夏休みの工作っぽさあふれてます。

音はいい感じやねんけど。
ケースの電源周り失敗してるので、修正が必要。

あと、ひといき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

ハンドワイアリングのランドグラフDOD 自作その1

1485177955246.jpg

昨日、顧問をしている枚岡樟風軽音楽部のヤタガラスーパーマーケット本日開店!が大会で優勝し、カミング神戸出演を決めました。

ギタリスト2人の足元には、当然、僕の自作エフェクターがありんす。


うちの高校生以外は、ほとんど大人バンドたったので、スゲーアンプやら、エフェクターシステムやら、みなさん持ち込んでおりましたが、ギターサウンド的にも、負けてませんでした。

しかし、二人とも、最近、ボーグナーの歪みを買ってきて、(偶然同じもの)びっくりしました。

1485177959632.jpg
これっす。エクスタシー。
なかなかイイ歪みですな。

カミング神戸の本番では、歪みも僕のエフェクターでいってもらうために、エクスタシーよりすばらしい、最高の歪みエフェクターを
作ろうと決意しました。

ハンドワイアリング試作機は、ほぼチューブスクリーマーだったので、
今回は、ランドグラフ
DOD の定数で?作成。


1485177960976.jpg

もちろん。ラグ板。試作とは一部違うだけなので、すぐ音でました!

やっぱよく歪みます。続きます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月19日 (木)

ハンドワイアリングのオーバードライブ試作その3

1484822662104.jpg
回路はデジットのオーバードライブキットを参考に、ランドグラフ参考にして抵抗値を変更。

セリアの100円ブリキ箱、Boss に比べたらだいぶでかいです。


1484822663227.jpg
革のハギレを、フットスイッチ部にはりつけました。

それが、ボンド乾くと、若干、右下がりになったので、べつの革も追加。

試作1号なので、ハンドワイアリングの丁寧さもええかげんです。


1484822664054.jpg

ハンドワイアリングのためのレイアウトも、もっと手でまきやすいよう、次の試作2号では、もっとかんがえます。

革の使い方で、今後もデザイン、新しいパターンやっていけそうです。

音のほうは、家の15ワットのアンプでは、普通に基盤で作ったのと、そんなに違いはわかりませんなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日)

ハンドワイアリングのオーバードライブ試作 その2

1484432573906.jpg
ケースは前回、ベースファズで使った時初めてつかった100Yenショップセリアで買った、でっかいブリキ箱。

メリット

穴は空けやすいです

ビッグマフにも似た?独特の個性的なたたずまい

ケースがでかいので、基盤や、ラグ板が、かなり大きくなったも作業楽々。


デメリット

穴が空けやすいけど、ある程度、大きな穴あけると盛大にバリがでます。

ケースが薄く、補強しないと、フットスイッチか不安。


1484432574861.jpg
フットスイッチふんでも、壊れないように、その辺にあだた木片やゴムで補強。


1484432575757.jpg
木片は木ネジで固定


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月12日 (木)

ハンドワイアリングのオーバードライブ試作その1

1484229003520.jpg
餃子大王下北沢クラブQue でのワンマンライブも終え、学校も授業がはじまり、日常に戻ってます。

ライブんときに見た
松本タカヒロのケンタウロス

1484229004412.jpg

に負けない最高のオーバードライブを目指しハンドワイアリング
(部品の足と足を絡ませる接続法)での自作に挑戦!

回路は定番TS 系をベースに、ランドグラフDODや、バルブドライブを参考に、定数を考えたり、試したりしながら、試作。ラグ板レイアウトはオリジナルです。

ダイオードクリッパーも、いろいろ試している最中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

ベッキーベースファズ その5 完成!

1483500073958.jpg
ついに部品を取りつけ、ケース内に収納し完成しました。

とにかく、ベースをギターエフェクター(歪み系)に接続したときに、ギターと変わらん音になってしまうので、それを避けることを第一にしたので、かなりモーモーします。歪んでもベースとわかる感じ。

ケースはセリアの100円ブリキ箱。

デザインはビッグマフオマージュです。
塗装のはがれやさまでコピーしました。


1483500075303.jpg
でっかいケースは
作りやすいし、存在感はすごいなー。

早速、週末、戦国大統領でのパンクドーナッツのライブで使ってもらいます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

ベッキーベースファズ その4

1482140989805.jpg
回路の方は音が出たので、ケース塗装してみる。ケースはセリアで買った100円のブリキ製。

ビッグマフへのオマージュ?
パチもん感、はんぱなし。

プラモデルの塗料で手塗りした。


1482140991075.jpg

1482140993639.jpg

塗装乾くまで作業休みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月18日 (日)

ベッキーベースファズ その3

1482069852748.jpg
配線が終わって、いつものように実験くん1号で音出し!

思ったような音にならんなー。
というわけで、音出しながら、回路を改善していく。

1482069854429.jpg
この大塚先生の本のBasserを参考に、ラグ板で、オリジナルレイアウトして、源音と、ファズ音のミックスを目標にしてたけど、もう1つ音量あがらんし、モコモコしてるだけなので、おもいきって、一段目のトランジスタから、二段目のトランジスタの間をほぼ、バイパスに。さらに、源音のパワー不足を補うため、源音のほうにクリーンブースターを追加。

そしたら、クリーンブースターのぶんのラグ板も追加され、かなりの複雑さに。
音はまぁまぁいけるかな?源音ミックスといっても、二つの音が分離してきこえるわけではないな。

でも、ベッキーがメタルゾーンや、ビッグマフつないで弾いたときは、ベースやなしに、ギターの音になってたけど、これは、歪んでるけどベース盛り上の音やな。

ベンフォールズファイブのベースの音っぽいかな。

1482069855743.jpg
こんな感じ。

1482069856713.jpg

レイアウトはこんな感じ。あとはケースやな。
続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

ベッキーベースファズ その2

1481722885322.jpg
芸術観賞、出張会議から帰り、ベースファズの作成続き。

写真のようにラグ板に部品を実装していきます。

ユニバーサル基板よりは楽。
部品のつけ間違えからのリカバリーもましです。


1481722888966.jpg
これだけケースが大きいと、ラグ板2枚になっても余裕!

次回は音たしてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

ベッキーベースファズ その1

1481552618828.jpg

枚岡樟風高校軽音楽部の一年ベッキーのために、ベースファズを作ってました。

音が出たらブログにかこうとしてたのですが、昨日、実験失敗。

1481552621547.jpg
これが失敗基板。

こうなったら、ラグ板でつくれ!
どうせケースばかでかいし!

ケースは、以前セリアで買ってあったこれ

1481552624118.jpg

ただ、強度に問題あるので、内部補強。
1481552625722.jpg

ラグ板での部品レイアウトを考える。

1481552627800.jpg

今度は失敗しないぞ!

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧