« 瓢箪山商店街こども祭り | トップページ | デジットのエフェクターキット、ディレイ① »

2012年5月 7日 (月)

Revolution  FUZZ その2

エフェクター自作は忙しくて遅々としかすすみません。

アナログディレイ(ド素人のためのオリジナルエフェクター制作)を失敗したのですが、その後、リハビリのためFUZZからやり直しておりました。

以前、ちょこっと文章でのみ紹介してた奴です。

すでに、

4月29日のサンホールの餃子大王ライブで使用してみました。

コードワークでの使用には工夫(ギターのヴォリュームをしぼる等)ですが、単音では使えますね。

なんでRevolution Fuzzと名付けたかというと、ビートルズのRevolutionという曲で炸裂しているギターの音を再現しようとしたからです。(実際、ま~似てないこともないという音もでます)

Ca3i0001


つまみはオーソドックスなFUZZ(歪み具合)LEVEL(音の大きさ)の2つにプリゲインコントロールをつけてみました。これで、入力からすぐのコンデンサーの数値を変化させ、音の鋭さ~太さ、飽和感を変化させます。

Ca3i0002

ケースはアルミダイキャスト。ペーパーでかるく磨いてあります。そんなに磨かなくてもけっこうピカピカになってうれしかったです。

ペイントはプラモデル用のラッカーです。

|

« 瓢箪山商店街こども祭り | トップページ | デジットのエフェクターキット、ディレイ① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 瓢箪山商店街こども祭り | トップページ | デジットのエフェクターキット、ディレイ① »