« がんばりどき | トップページ | 焼肉 »

2007年9月22日 (土)

イムジン河

学校で、各学年、人権の取り組みがおこなわれています。

 2年生は在日問題について取り組んでいて、現在、5つのコースにわかれて調べたり、勉強したりしています。

俺の担当するコースは音楽コースで、「イムジン河」を韓国・朝鮮の楽器と、ギターキーボードなどで演奏します。

(俺アレンジです。若干ロックンロールになってるかも・・・)

この取り組みをするために、「イムジン河」について、いろいろ調べていくうちに、この曲にすごい興味がわいてきました。

学年がちがうのに、A尾先生が積極的に協力してくれてすごくたすかります。(ギター弾くだけちがって、映画「パッチギ」でのこの曲の演奏シーンをみせてくれたり、曲について解説してくれたりします。)

P1280118

曲の解説をするA尾先生

生徒も先生も、みんな楽しそうに取り組んでくれるのでいい感じ

|

« がんばりどき | トップページ | 焼肉 »

コメント

「イムジン河」…名曲、なんて言葉では表せないくらい、
素晴らしい曲ですよね。
5年前のフォーククルセダース新結成の音楽会を見に行った私には
この曲がこういう風に使われるのはとても嬉しく思われます。
生徒さん達には「パッチギ!」も見て貰いたいなぁ。
(この曲の本当の意味の《北と南》という境界線だけでなく、
生活の中にいろいろボーダーラインって引かれてますもんね)

この大好きな曲の、森先生アレンジの
ロックンロールの「イムジン河も」
是非聞いてみたいです♪

投稿: かの | 2007年9月22日 (土) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« がんばりどき | トップページ | 焼肉 »