« 全裸でよその中学に書類をとどける | トップページ | 心のヤニをおとして・・・ »

2007年1月24日 (水)

音楽の歌のテスト

 3年生は、中学校最後の歌のテストにのぞんでいます。

 音楽のY先生が、最後やから自分の歌いたい曲をえらんで、無伴奏で歌うという課題をだしました。

2組のテストのあと、職員室にかえってきたY先生が、

「よかったわ。G君が一生懸命うたってて、前にはもめていた子らも、みんなが応援している雰囲気があったわ。」とよろこんでいました。

俺はG君が何ていう曲をうたったのか知りたくて、Y先生にたずねました。

そしたらY先生はひとこと「知らん。」

今度、3組のテストが終わった後もSがすごい頑張っておおきな声でうたったし、7野はすごく上手やった!」とよろこんで帰ってきました。

まあ、わかってるけど「二人は何の曲うたったんですか?」と俺は一応聞いてみた。

やっぱり答えは「知らん。」やった。

知らん曲でも心はつたわるんや。勉強になりました。

|

« 全裸でよその中学に書類をとどける | トップページ | 心のヤニをおとして・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全裸でよその中学に書類をとどける | トップページ | 心のヤニをおとして・・・ »